国立市 ビル大規模改修 | 設計施工

ビルの建築仕上診断を行なった結果、アーケードの経年劣化が進んでいる状況だったため、震災時の安全性を考慮し解体する運びとなりました。

また、外壁に関しては今後、経年劣化によるタイルの落下事故を予防するため、エントランス部分にひさしを設置しました。ひさしによる暗さを軽減するため、ルーバー素材を選定し、施工しています。

 ​用途:オフィスビル

所在地:東京都国立市